トップページ > 観光案内 > 御代田町

御代田町MIYOTA / NAGANO

御代田町

御代田町は浅間山の南麓に広がる地域にあり、年間を通して涼しく、降水量が比較的少ない気候は、優れた高原野菜を育んでいます。また、精密機械工業、食品加工と製造業が盛んで産業の町でもあります。観光の面では、江戸五街道の1つである中山道の、江戸板橋宿から数えて21番目宿場「小田井宿」があり、参勤交代の大名は隣にある追分宿に宿をとり、小田井宿は姫君など女性が休泊したことから「姫の宿」とも呼ばれています。塩野地区にある真楽寺は、用明元年(586年)に、浅間山の噴火が鎮まるよう祈願のためつくられたと言われています。境内には、三重塔をはじめ樹齢千余年の神代杉や芭蕉句碑などがあり、荘厳な雰囲気を漂わせています。隣接する浅間しゃくなげ公園では、季節の花を楽しむことができます。

  • 観光する 街道から寄り道して観光スポットを満喫
  • 地図から探す 観光スポットと温泉を地図から探そう
 

観光する

浅間縄文ミュージアム

浅間縄文ミュージアム(御代田町)

縄文時代へタイムスリップ

浅間縄文ミュージアムは、浅間山とそのふもとに栄えた縄文時代をテーマに土器や装飾品などが多数展示されています。
特別展示室には、御代田町の川原田遺跡から発掘された「焼町(やけまち)土器」(国重要文化財)が展示。また、2階では、浅間山の噴火史や豊かな自然を展示。火山噴出物や高山植物などが紹介されています。
体験工房では、土器や石器づくり、火おこしなど縄文時代の様々な文化を体験できます。

小田井宿

小田井宿(御代田町)

姫君の宿として利用された
中山道六十九次のひとつ

江戸板橋宿から数えて 21番目の宿場町。追分宿(軽井沢町)と岩村田宿(佐久市)の間にある中山道六十九次のひとつ。
旅籠はわずか5軒ほどの小さな宿場町だったため参勤交代の大名の一行は隣の追分に宿をとり、小田井宿は姫君の休泊に利用されることが多かったことから「姫の宿」とも呼ばれていた。文久元年(1861年)には皇女和宮が14代将軍徳川家茂に降下する際にお立ち寄りになった。小田井宿には今でも本陣や問屋が残り、当時の佇まいを残している。

露切峡

露切峡(御代田町)

おそろしいほどの深い谷は
現在では渓流釣りで大人気

その昔、覗くとぞくっとして身体にかかった露も切れてしまうほど深い谷といわれたことから、その名がついたといわれる露切峡。現在では渓谷沿いの道路も整備され、新緑や紅葉を楽しめるドライブコースになっています。
上信越国境山地を水源とする湯川上流に位置する露切峡周辺は、渓流釣りのポイントとしても有名。ハヤ、アユ、ヤマメなど豊富な川魚が生息し、県内外をはじめ大勢の釣り人に親しまれています。

真楽寺

真楽寺(御代田町)

浅間山噴火を鎮める
山麓周辺最古の寺

ひときわこんもりとした森に近づき、茅葺き屋根の仁王門をくぐり、うっそうと繁る杉木立の表参道の前に広がる石段を登ると真楽寺の境内。
この寺は浅間山麓周辺では最古のもので、用明元年(586)の開山。浅間山の噴火が鎮まるよう祈願のために建立されたと言われている。境内には長野県の県宝に指定された三重の塔をはじめ 厄除け観音、「むすぶよりはや歯にしみる清水かな」と刻まれた芭蕉句碑、 樹齢1,000余年の神代杉など香り高い歴史に触れる事ができる。境内西側には、子供の安らかな成長と水子供養のため建てられた高さ20メートルの日本一大きい子育地蔵菩薩が聳え立つ。また山門手前には浅間山の伏流水が湧き出ている大沼池があり、この池より「甲賀三郎」の伝説が生まれそして龍神まつりへと発展していった。
真夏でもひんやりと涼しい神秘に満ちた雰囲気に包まれながら、古代の歴史に触れてみてはいかがでしょうか。

浅間しゃくなげ公園

浅間しゃくなげ公園(御代田町)

シャクナゲをはじめ
四季折々の花が楽しめる

塩野地区の観光名所・真楽寺の隣にある浅間しゃくなげ公園。シャクナゲを中心にコヒガンザクラ、ドウダンツツジ、サルスベリなど13種の草花が植えられている。幹線道路「浅間サンライン」沿いにあり、春夏の花々から秋の紅葉まで楽しめるスポットとなっている。

龍神まつり

龍神まつり(御代田町)

御代田の夏を代表する
町民総参加のおまつり

昭和57年観光協会主催の夏まつりが『龍神まつり』として開催され、昭和60年からは龍神まつり実行委員会を組織し、町民総参加の”おまつり”として成長を遂げています。また、おまつり以外にも町のシンボルとして、龍神は様々なイベントに参加しています。
龍神まつりはこの地方にある「甲賀三郎」の伝説をモチーフにつくられていて、甲賀三郎が龍の姿となって現れたと言われている真楽寺で行われる「龍の開眼式」から始まります。爆竹や龍神太鼓保存会『鼓響』の太鼓の音が響きわたると、とぐろを巻いていた龍神が1年間の眠りから目覚め、龍神の舞を始めます。全長45mの龍と30mの姫龍が龍神太鼓の演奏に合わせて舞い踊る姿は圧巻です。

その他の観光情報

 

 

 

 

 

 

地図から探す

お問い合わせ

御代田町観光協会事務局(御代田町産業経済課商工観光係内)

〒389-0292 長野県北佐久郡御代田町 大字御代田 2464-2
TEL:0267-32-3113

ページトップへ戻る